ロッカジャポニカ

NEWS

  • 【メンバーコメント公開!】満員のクアトロで第1章の完結、第2章のスタートを声高らかに宣言!怒涛のシングル3作発売も決定!

    2018.05.25



    5月20日に渋谷クアトロにて「ロッカジャポニカ Spring Tour 2018 ~Re:view ROCK A JAPONICA〜」のファイナル公演を行い、満員のフロアの中、8月1日に4枚目のシングル、冬には5枚目、来年春に6枚目のシングルを発売することを発表しました。

    ファイナルの渋谷公演では、1曲目の『Dreaming Road』のイントロから高井千帆が「渋谷!ツアーファイナル行くぞー!」とあおり、会場のボルテージをあげてスタート。
    その後、『アブラカタブラ アルジェブラ』ではファンのコールが会場を揺らし、続けて『MUSIC FANTASY』、『ワールドピース』、『歌いたいのうた』を連続で披露し、会場をエモーショナルな空気に持って行きました。
    そこからMCを挟み、恒例となったセルカ棒企画を披露。この日の撮影者であった高井千帆は技術や体力的にメンバー、スタッフ、ファンの全員から心配されていたが、無事に成功。その後平瀬・高井による「明日も / SHISHAMO」、内山・内藤・椎名による「ジェニーはご機嫌ななめ / Perfume」をそれぞれ披露。ワンマンライブならではのカバーソングは大いに盛り上がりました。

    幕間ではこちらも恒例となったメンバーによる音声が流れ、終了と同時に黒の衣装に身を包んだメンバーが再登場。普段の彼女たちとは異なるカッコ良い雰囲気に合わせて、『ボクタチ、ワタシイロ』を披露しました。
    MCでは9月29日、30日に渋谷O-Crestで2daysのワンマンイベントを行うことを発表し、その後『神様になれるプログラム』『世直しタイムスリップ』といったいわゆるアゲ曲を次々と披露。途中でポスターの抽選会を挟みつつ、またしても『WEE FIGHT OH!!!!!』、『教歌SHOCK!』、『だけどユメ見る』といった人気曲を披露し、会場は最高潮の盛り上がりをみせました。
    一息ついた後、リーダーの内山がこのツアーで“Magical View”が完結することを説明し、新曲の『DIVE TO VIEWS』を披露。本編は終了した。

    アンコールでは『ぶっちぎりデイズ!!』、『わたしの地図』を歌い、今回のツアーについて一人一人お礼と感想を述べた。その後『ASTRO GIRL』を披露し、ツアーのラストを締めくくるに相応しい『SPARKLE TOUR!!』で会場を一つにし、パフォーマンス終了。
    歌唱後、8月1日にその新たな幕開けとなる4枚目のシングルを発売することを発表。さらに冬には5枚目、来年春に6枚目のシングルを発売することも続けて披露しました。

    ステージを降りた後、会場からはダブルアンコールの声が鳴り止まず、戸惑いながらも笑顔で再登場したメンバーは深々とお礼をし、<新しい門出、スタートすること>をテーマにしている『DIVE TO VIEWS』を再度披露し、この日の公演は幕を閉じました。


    ▼メンバーのコメント▼

    椎名:
    あっという間にね、ファイナルを迎えちゃって残念な気持ちでいっぱいなんですが、おいしいものもたくさん食べれたし、みんなとね、楽しくライブとかもできたし
    (全部を出し切った感じがあるから)なんかもういっかな?!って。笑
    あいかわらず、福岡で転んだ傷が治ってないんだけどまあいっかな?!って。笑
    なんかそういう感じで私はこのツアーを楽しんできましたぁ~!!
    これからまだ直していきたいなとかいっぱい思うので、みなさんにわかるようにわかりやすい変化をもっとこれからも伝えられたらいいなと思っています。
    今日は黒い衣装の手袋がかゆかったです。笑 本当にありがとうございました!!


    平瀬:
    今日はツアーファイナルに来てくださって本当にありがとうございます!このSpringTourでは、「新たな世界の幕開け」っていうロジャポにとってとても大切な曲をいただきました。
    デビューの時から考えてみると、わたしって中学1年生で今高校1年生なんですよ。みんなと楽しい時間過ごすのって本当あっという間だなって感じます。
    時間は取り戻せないので、わたしたちに会いに来てくださってる「オトモダチ」の大切な時間をもっともっとワクワクドキドキさせていきたいなって思います。
    新たな世界の幕開けの第2章の始まりもよろしくお願いします。今日はありがとうございました!

    内藤:
    みなさん、SpringTour楽しかったですかー!!私もめちゃくちゃ楽しくって、このツアーでは福岡・名古屋・大阪・仙台に行かせていただいたんですけど
    遠征先で「やっとロジャポに会えた」とか「やっと好きな曲を生で聴けた」とかいうような新しい初めてのオトモダチがたくさんいて、私めちゃくちゃうれしかったんですよ。
    もしかしたらまだ私たちが行ったことない場所にも、そういうオトモダチが待ってるんじゃないかなと思っているんで、早くその場所に会いに行けるように頑張りたいと思いました!
    今回のMagical Viewは、完成するんですけど、これからもみなさんに「スーパー・ミラクル・Magical View」を見せていきたいと思います!
    これからもよろしくお願いします!

    高井:
    このツアーはMagical ViewをRe:Viewするっていうツアーだったんですけど、ロジャポの曲を振り返ってたわけじゃないですか。
    初めてロジャポの曲をもらった印象と今の印象だと全然違った曲とかがすごいあって。
    ライブでやっていくうちに、めちゃくちゃ楽しい盛り上がる曲に覚醒した曲とか。本当にオトモダチと私たちとみんなで作り上げてきた楽曲さんがたくさんいらっしゃるんだなと今回のツアーで思いました。
    このツアーで一番不安だった自撮りコーナー!!笑 youtubeにアップするので成功しているかしないかはあなた次第ということでよろしくお願いします。
    本当に今日のツアーファイナルは前の方も後ろの方も楽しそうで、私は本当にこれが見たくてすごい毎日いろいろやっていて、オトモダチの楽しんでいる姿が大好きだから
    オトモダチの楽しんでいる姿をこれからももっとたくさん見れるようにわたしたちも第2章にむかって、走り続けるのでみなさんよかったら私たちにこれからもついてきてください!

    内山:
    SpringTourファイナルは本当に最高です!みなさん楽しんでいただけましたか?
    本当にこうやってファイナルを迎えられたのは、ロッカジャポニカに携わってくれているスタッフのみなさん、先生方、そして応援してくれるオトモダチのみなさんのおかげです。
    ありがとうございます!あと、ライブハウスを発明した人にも本当に感謝したいと思います。笑
    本当に「ロッカジャポニカ楽しい!」って思うし「アイドル楽しい!」って思って、今年の春でロッカジャポニカみんな高校生以上になってね。
    私は小学生ではありません。高校生でもありません。笑
    高校生でもなくなっちゃったんですけど、やっぱりアイドルって何なんだろうなーこればっかりはちょっと諦められないなっていうところがあってね。
    みんなのことをもっと笑顔にしたいな、楽しませたいなとか自分自信キラキラしたいなあって思いがずっとここ(胸の中)にあって
    私の夢というかね、ロッカジャポニカの夢のそばにこれからもみなさんにいてほしいなって思います。
    今日で第一章が終わって、ロッカジャポニカの第2章が始まりますが、とにかく目の前にあるのは夏なんで。ロッカジャポニカの夏、絶対楽しくしたいし、夏もみなさんと突っ走っていきたいと思うので
    みなさん、準備できてますか!これからもいっぱい私たちと一緒に楽しいことしましょう。今日はありがとうございました!オトモダチ最高ー!!

    撮影:笹森健一










    ■4thシングル(仮)
    2018年8月01日(水)

    ■ロッカジャポニカ ワンマンイベント(仮)
    2018年9月29日(土)、30日(日)
    会場:渋谷 TSUTAYA O-Crest